正しい処理を心がけよう

不用品を適当に処分すると、有害物質が発生する可能性があります。
地球環境が悪化するので、適切な処理をしなければいけません。
誰でも自由に不用品の処分ができると、適当な処理をする人が増えてしまいます。
それを防ぐために、許可を得ている業者のみが不用品回収ができる決まりになって
います。
法律で決められていることなので、守らなければいけません。
無許可で経営したいた場合は法律を破ったことになるので、厳しい罰を受けることになります。

古物商許可証を得る際は、申請しなければいけません。
申請してすぐに、許可を得られるものではないと理解しておきましょう。
こちらが信頼できる人なのか、審査されます。
時間がかかるので、早めに行動しておくことをおすすめします。
申請する際の書類に不手際があったら、最初からすべてやり直しになってしまいます。
面倒なので、慎重に手続きを進めてください。

警察署に行くことで、申請できます。
その時に必要な書類をもらえるので、失くさないように気をつけてください。
失くすともう1回警察署に行かなければいけないので、手間が増えます。
また、詳しい書類の記入方法などを教えてもらえるので、忘れないでください。
聞き逃すことがないよう、メモを取ることをおすすめします。
古物商許可証の申請が、できない人も存在します。
そのような人は審査を通過できないので、自分が不用品回収業者を計経営できるのか事前に調べておきましょう。

ルールを守って経営しよう

なぜ不用品回収業者を経営するために、古物商許可証が必要なのでしょうか。 それは正しい処理をするためです。 審査を通過して信頼された人だけ、不用品を処理できます。 無許可で経営できるような状態だと適当に処理する人が増えて、あっという間に環境が悪くなります。

審査を通過できるまでの時間

申請しても、すぐに古物商許可証をもらえません。 信頼できる人間なのか、審査されます。 審査を通過できた人が、古物商許可証を受け取れるので少し待ってください。 時間がかかるので、早めに申請を申し込むことをおすすめします。 間違えないように申請しましょう。

申請できる場所を把握

古物商許可証の申請は、警察署でできます。 警察署では、申請に必要な書類をもらえます。 必要事項をすべて記入したら、見直しをしてから提出してください。 初めて申請する際は、わからない部分もあると思います。 最初に記入方法を聞いていれば、スムーズに提出できます。

▲ページTOPへ戻る